春の貝まつり&ひなまつり提案会! ( 2021/03/01 )

ひなまつり

 

 

 

 

 3月3日は物の節句!ひなまつり!
 朝晩はまだ肌寒く感じますが、暦が3月に入ればいよいよ春本番!
 そこで、春を感じさせてくれる食材の1つである貝類の提案と、ひなまつりに向けたちらし寿司の提案会を開催しました!

 484

 

 

 

 

 

 

 

 あさり・しじみ・牡蠣・ほたて貝・北寄貝・赤貝・あわび・ホンビノス・つぶ貝・白貝。
 今が旬の貝類を並べると、なかなかのボリュームです。

490

 

 

 

 

 

 

 

 

 もちろん、市場ならではの海鮮ちらし寿司もご提案させて頂きました。

491

 

 

 

 

 

 

 

 

 海鮮ちらし寿司とはまぐりのお吸い物、そして旬の美味しい貝料理!
 ぜひお召し上がり下さい! 

はまぐりレシピ 488

 

 

 

 

 

 

 

 

:oops: はまぐりの栄養 :oops:
 はまぐりには、ビタミンB12と亜鉛という栄養素が豊富です。
 ビタミンB12は、葉酸と協力し合って正常な赤血球を作る働きをサポートします。
 また、はまぐりには葉酸や鉄分や亜鉛などが含まれるので、貧血予防の効果が高いと言えます。
 ビタミンB12は水溶性であるため、汁ごと食べる事が出来る料理だとはまぐりの栄養素を逃さず摂取する事が出来ます。
 という事は、お吸い物ははまぐりの栄養素を逃さない最高の召し上がり方です。
 それから、亜鉛ははまぐりなどの貝類に多く含まれる栄養素で、あさりやしじみなどにも含まれています。
 亜鉛には、肝機能を回復させてアルコールの分解を進めてくれる働きがあります。そして、ビタミンCと一緒に摂取する事で、吸収率が上がり、より効果を得ることが出来ます。
 ひなまつりの季節に良く食べられる苺はビタミンCが豊富なため、一緒に食べるとより効果的にはまぐりの栄養を吸収できます。
 はまぐりのお吸い物と、デザートには苺をいかがですか?