資源を守る取り組み

栽培漁業

 栽培漁業とは、つくり育てる漁業とも言われ、水産動物(水産資源)を、卵から稚魚になるまでの一番弱い期間に人が育成・保護し、外敵から身を守ることが出来るようになったら、自然の海へ放すことにより、水産資源を維持・増大させる漁業のことです。

資源管理型漁業

 海にすむ魚介類は「水産資源」という言葉で表されます。この水産資源を末永く利用していくために獲る量などを管理する事を「資源管理型漁業」といいます。
 資源管理型漁業の取り組みには、小さい魚を獲らないようにする全長規制や産卵期の親を守る漁獲禁止期間などがあります。

  

  弊社では、各自治体ごとに定められた資源管理の取り組みに基づき、水産物の売買を行っています。
 資源管理に取り組んでいる魚種・資源を守るための規制等につきましては、下記リンク先等もご参照ください。

宮城県(pdfファイル)
青森県(pdfファイル)
山形県